財布屋を利用するなら購入日と使用開始日を意識しよう!

      2017/05/20


財布屋を利用して財布を購入する場合、その購入日や使用開始日などを考えて使う方が良いのを知っていますか?

金運と呼ばれる運気を私達に取り込む場合、お財布はその窓口のような役割を持ちます。お財布が運気そのものを象徴している訳なので、使い始めを意識することが重要なのです。

購入日や使用開始日について考えてみよう

まずはお財布を購入する日について考えてみましょう。新しい年度が始まる4月などは、心機一転するためにも新しい財布を使い始めるには最適な月だといえます。財布の寿命はおよそ3年と言われていますので、それも踏まえると良いです。

さらに細かく言うならば、縁起を担ぐ意味でも購入日、使用開始日も絞り込むのが理想的です。日本古来から伝わる縁起の良い日があるので、それらを意識すると金運が舞い込みます。

縁起の良い日とそれぞれの意味について

縁起の良い日とされているのは、大安吉日、一粒万倍日、寅の日などがあります。大安吉日は何を始めるにしても風向き良好な日として有名です。結婚式などにこの日を選ぶのは、もはや通例となっていますね。これはカレンダーで確認できます。逆に仏滅などは絶対避けるようにしましょう。

一粒万倍日はその文字の通り一粒が万倍になって戻ってくるという意味です。大安吉日は月に5回程度巡ってきますが、一粒万倍日は数ヶ月に一度のペースでしか巡ってきませんので、価値としてはもっと高めだといえます。さらに縁起の良い日は天赦日です。八百万の神様たちが天に登り、全ての罪を許してくれるという意味をもつ日であり、これも大安とは違うルールで制定されています。この日も財布を使い始めるには最適な日です。

寅の日は吉日ではありますが、トラは出て行ってもすぐに戻ってこられる脚力を持っている事に加えて、お金をイメージさせる金色の毛皮を持つことから、お金が戻ってくるという意味で、金運アップに強い吉日なのです。財布の使い始めには、ぜひこれらのような日を選びましょう。

金運アップ!財布屋の商品をチェック

 - 財布屋